<   2006年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

新世界雑感

久々に新世界へ行きました。
地下鉄堺筋線の恵比寿町を降りて、北へ行くと電気の町・・日本橋(にっぽんばし)・・南へ行くと阪堺電車の恵比寿町駅があって、その東に通天閣への商店街が伸びています。
このあたり一帯を新世界と言います。
庶民的と言われる大阪の町でも、最も庶民的な香りがする町です。
このあたりはまた、もっとも大阪らしい観光地でもあります。
通天閣、新世界商店街、天王寺動物園、フェスティバルゲート・・およそスマートと言うには程遠いこれらの施設は、大阪の熱と個性を発揮して余りあります。

その新世界で、僕は久々に串カツを食い、大量の昼酒を飲み、寿司を食いました。
連れていってもらった店が良かったので、どれも満足する味とボリュームと・・値段でした。
ほろ酔い気分で、友達と別れ、折角だからとあたり一帯を散歩しました。
新世界も昔から比べると随分、きれいになりました。
きれいになった分、かつてのエネルギーはあまり感じられなくなったような気もします。

さて、実はこの場所は知る人は知る・・大阪のもうひとつの顔・・
釜ヶ崎のすぐ近くでもあります。
例えば、地下鉄動物園前駅や花園町駅、JR新今宮駅・・一帯どれくらいの路上生活者がこれら駅をねぐらにしているのか・・
道を歩けば、嫌でもそう行った人たちの姿が目に飛び込んできます。

新世界から一歩南へ・・大阪環状線の線路を超えるとそこは釜ヶ崎です。
労働者の町・・そう言えば聞こえは良いですが、日雇い労務者が多数暮らす町です。
この人たちにとって、今年の冬はことのほか、寒い冬でした。
町はきれいに、立派になっていきますが、彼らの住める場所はどんどん少なくなっていきます。
仕事もかつてのようにたくさんあるわけではありません。
例えば、公共工事の縮小や廃止はこういった人たちの生活を直撃してしまいます。
仕事があれば「ドヤ」と言われる宿泊所で休むことも出来ます。
たまには串カツを食うことも、酒を飲むこともできるでしょう・・・仕事がなければ、寒さを少しでもしのげる場所を探さねばなりません。
僕たちはともすると、こういった人たちを視界から離そうとしてしまいがちです。
けれども、もう一度ここで考えてみて欲しいのです。
だれもが、路上生活者にならないと言う保証はないのです。
もしも自分がそうなってしまったら・・
そう考えると、ないがしろに出来ない問題ではあります。

この地域にはさらに、表立って書く事の出来ない世界・・飛田新地の存在もあります。
大都市とは、本来、混沌としたエネルギーの坩堝である・・
ガード下を歩いていると、そんなことが頭に蘇ってきました。
何故かすれ違うおじさん連中の多くが、手に食パンを3枚ずつ、持っています。
誰かが食パンを配っているのだろうか・・
でも、寒さをしのぐにはなにか暖かいものが・・・要るだろうに・・
僕は、この町で出会った詩人の言葉を思い返していました。

命・・・東淵修

すきまもない命を
すきまもないところに
あなたは横になっている
生きていくのには

立って四分の一畳
座って二分の一畳
寝て一畳

命を粉ごなにして
一畳の間に閉じこめて
息を殺していること


byこう@電車おやじ
[PR]
by MYP2004 | 2006-03-30 18:53 | 神戸舞子から世間を見ると

「うどんのつゆ」から「世界の平和」を考える?!

関西人から見て、関東のあのうどんのつゆは、飲めたものじゃない。
「なんや、この真っ黒なつゆは。こんなもん、食べもんとちゃう。」

関東の人から見れば、関西のうどんのつゆは、とても薄いものに感じる。
「なんだよ、こんな薄い色のつゆは。こんなのでよく食べられるね。」

昔、よくこんな会話を、東京出身の友人と大阪出身の友人が交わしていました。

造り方は、どうなんだろう?

Wikipediaの「うどん」の項目によると・・・、

「関東ではそば屋の基本的な調味料である、濃口醤油を煮ながら
 みりんや砂糖を加えてつくるかえしと呼ばれる下地を用いる。
 このかえしを基本に、昆布、鰹節を基本としただしで割って作っており、
 そばつゆに近い。
 一方、関西では昆布、鯖節、鰹節などの複数のだしを基本にしており、
 椎茸や炒り子(イワシの煮干しを炒ったもの)をアクセントとして使う。
 椎茸は甘味、炒り子は辛味が出る。醤油はうすくち醤油を使うことが多い。
 つゆの色は薄く澄んでいる。」

むむ、こうしてみると、つくり方そのものが違うわけだ。
つまり、こうは言えないか。

 『関西と関東のつゆは、もともと違うものだ。』

だから、冒頭の友人同士の会話は、成り立つ余地がない。
だって、違うもの同士を比較し、優劣をつけようとしているのだから。
どっちが優れているか、というものではないわけです。

つまり、友人たちは自分の嗜好を主張し合っているだけなんですね。

そして、ここからが重要なんですが、
自分の持っている価値観で、相手を推し量ろうとしている。

関西人にとって、つゆは色が薄いもの。
だから、関東のあの濃い色のつゆはおかしい。
関東の人から見れば、つゆは濃い口醤油を使うもの。
だから、関西のあのつゆの色は薄すぎる。

これでは、話しになるはずがないですよね。
もともとの土台が違うから。
絶対に一致点はない。


案外、こうしたことって、自分たちの周りに多いんではないでしょうか。

大切なことは、まず、お互いが「違う」ものだという認識を持つこと。
同じ日本人でも、家族兄弟でも、全く別個の人格のはずです。

「あいつのあの態度は許せない」。
そう思うことって、よくありますよね。
そんな時、自分を振り返ってみる。
「自分の狭い了見で、相手を推し量ろうとしていないか」と。
それだけでも、ずいぶん、自分のいる世界が変わるかも。

平和と言っても、こうした身近な所から始まるのではないか。
そんな風にも思いますね。

by兵士シュベイク
[PR]
by MYP2004 | 2006-03-25 00:54 | サラリーマンのひとりごと

思想の中核と辺縁 ― 共産主義と資本主義

日本語の"共産主義"という言葉はドイツ語の"Kommunism"を訳したものだが、共産主義そのものはもっと古くからある。有名どころとしては、プラトンが実際にシチリア島で実験的に共産主義社会を作ったこともある。キリスト教の新約聖書も金銭交換と個人所得の廃止を説いていたのだから、一種の共産主義思想で、トルストイはキリスト教共産主義の実践を目指していた。

共産主義と唯物論は可分だ。プラトンのイデア論はどちらかといえば非唯物論、キリスト教はどちらかといえば唯物論だから、マルクスの共産主義はキリスト教の方に近い。先の大戦中のドイツや日本の国家社会主義も共産主義の一種で、やはりキリスト教の方に近い。

思想として始まっている、というところが、共産主義諸思想の共通点だ。共産主義は理念先行の考えかただ。

オランダで16世紀頃、事業の遂行者と事業の所有者が分離されたことが、一般に、資本主義の始まりだとされる。

共産主義初期にプラトン、キリスト、トルストイなどの思想の大家が並んでいるのに対し、資本主義初期にはそういう大家がいない。アダム·スミスすら、他国の船の入港制限を唱え、労働価値説の基礎を築いてマルクスにも支持されているのだから、思想としての資本主義の創始者とはいいがたい。

資本主義は思想として始まったのではないため、経験先行の考えかたとなっている。

理念が先行する組織では、理念の現実のギャップを埋めるため、強制的な手段に頼りがちになる。ローマ教皇に異端審問官が必要だったように、レーニンには秘密警察、戦中日本の天皇には特別高等警察が必要だった。

一方、もともとの資本主義にはそのような理念強制機構は存在しない。

自由放任な資本主義は実のところ、短命だった。1929年に自由放任な資本主義は終わった。アメリカでもフランクリン·D·ルーズベルトが全金融機関の国営化という共産主義手法で危機に対処した。自由奔放な資本主義の再提起者として知られているフリードマンすら、"我々は全てケインズ主義者である"といって、ルーズベルトを支えたケインズを讃えている。

1991年にソビエト連邦は崩壊し、冷戦は終わった。資本主義は年金や社会福祉など、共産主義の一部を経験的に取り込み、対立を生き延びた。

資本主義が生き延びた理由は、思想としての資本主義が思想としての共産主義に優れたためではない。重要なのは中核ではなく辺縁であり、理念ではなく経験なのだ。
[PR]
by MYP2004 | 2006-03-19 08:44 | 経済の視点から

盧溝橋で考えた「近代日本の悲劇」

 「城門を出たところにあって、欄干に獅子の像がずっと並んでいる石橋なんだ」。子どもの頃から、繰り返し父親から聞かされてきた盧溝橋は、北京市中心街から車で40分ほどのところにありました。平日の朝ということもあり、人影もまばら。足下から寒さが伝わってきます。橋だから河に架かっているはずですが、ほとんど水はありません(笑)。

 マルコポーロが感嘆したという盧溝橋。父親が言っていた通り、欄干には小さな獅子の像がずっと並んでいます。一つひとつ顔も表情も違うんですよ。それがとても可愛くてユーモラスなので、歩きながら笑っている私たちを、通りすぎる中国の人たちが不思議そうに振り返って見ます。事件から70年目の盧溝橋は、悠然としたたたずまいを見せていました。
 
 北京の歴史的建造物は今、オリンピックに備えて復元の真っ最中。盧溝橋付近も「旅遊区」として再生中です。城門の手前はかなり復元されていて、清朝時代にタイムスリップしたような不思議な気持ちになりました。

 それにしても、日本の自然とはずいぶん違う、茶色っぽい広陵とした風景。中国の大地はどこまでも続いています。徴兵され、海を越えてここまで来た日本軍の兵士たちは、どういう気持ちでこの風景を眺めたのでしょうか。緑したたる故郷の山河を、さぞ恋しく思ったことでしょう。

 国家が戦争を行なうということは、何と野蛮で無惨なことか。それにしても、この広大な中国大陸を支配しようとしたなんて、愚かにも程があります。まさに狂気の沙汰。あの頃の日本は狂っていたんですね。

 さて、近くには中国人民抗日戦争記念館があります。入り口には人民軍の兵士らしき人が立っていて、ちょっと緊張。ちなみに、兵士はどこでも直立不動です。三時間で交代するそうですが、それにしても大変そうです。ガイドさんが言うには地方の若者たちで、最近は成り手が減っているとか。

 その抗日戦争資料館。子どもたちが社会科見学などで訪れるところで、いわゆる反日教育のメッカの一つのように言われています。しかし、見てみた感じでは淡々とした展示です。娘たちは「広島の原爆資料館みたい」と言っていました。
 
 しかも、最後は国交正常化以後の交流について展示されていて、未来志向で締めくくっています。日本人以外の外国人が見ても、違和感がないのではないかと思います。日本人の私たちにもあまり違和感がありませんでした。

 平日の朝ですから、館内には中国の人はちらほらいるだけ。あとは私たちが出て行く時に、卒業旅行らしき日本の若者グループが来たぐらい。しかも彼ら、何としても学生料金で入ろうと、日本の免許証を出したりしていたけど、大丈夫だったのかしら(笑)。

 盧溝橋と抗日戦争記念館は、北京に来た日本人にはぜひ行ってもらいたい場所です。ここに来て、侵略に走った日本近代の悲劇について、思いをめぐらせてもらいたいと思います。日本の軍国主義は、言葉では言い表せない程の惨禍をアジア諸国にもたらしました。しかしそれは、日本にとってもまた大きな悲劇だったと思うのです。

 さらなる悲劇は、今もってその事実を直視しない日本人がいることです。黒船の来襲によって開国を強要された極東の島国が、国民国家形成の過程でなぜアジア侵略に走ったのか。どこをどう間違えたのか。これを冷静に検証することは、何よりも日本人自身のために、避けて通ることのできない作業ではないでしょうか。

 なぜならアジア太平洋戦争は、出征兵士を始めとする多くの日本人に塗炭の苦しみを味あわせたのであり、この総括なくして、虚しく命を散らした犠牲者の霊は浮かばれないからです。「国の為に命を捧げた人のために祈る」という靖国神社参拝の理屈は、大いなる欺瞞です。by G2

☆ 盧溝橋事件 
 中国では七七事変と呼ばれる。1937年(昭和12年)7月7日に、北京郊外の盧溝橋で起きた発砲事件。日中全面戦争の発端となった。
[PR]
by MYP2004 | 2006-03-16 12:20 | リビングから見た社会

なぜ、中国は靖国参拝に反対するのか

なぜ、中国は靖国参拝に反対するのか

これは、日中国交回復の時までさかのぼる必要があると思う。

国交回復を結実させる為に、越えなければならない最も大きなハードルは、戦争責任と賠償の問題だった。

中国側にとって、日本から賠償を取り、国の再建にあてれば良いという思いがあっただろう。
しかし、周恩来ら、当時の中国首脳の多くは、別な考え方をもっていた。
それは、彼らの多くがヨーロッパ在住の経験を持っていたことに起因する。
第1次世界大戦でドイツは敗北、多額の賠償金を背負わされた。
賠償金支払いのためにドイツは疲弊し、怨嗟の声がドイツ中に満ち満ちていた。
その声を拾い上げ、われらがゲルマン民族は偉大だ、と叫んだのが、ナチスだ。
その結果、どうなったか。それは、いわずもがな、だろう。
結局、恨みに報復したところで何の解決にもならない。
周恩来たちの間に、そんな意識があったのではないだろうか。

国内には日本からの賠償を待ち望む声。
しかし、日中国交回復は、なんとしてもやり遂げなければならない。

この矛盾を解決するために、彼らは「戦争を指導した日本政府」と「犠牲になった国民」を分離した。
悪いのは戦争を指導した一部軍国主義者だ。国民はその犠牲になった。
その意味から、我々中国人民と日本の国民は等しく同じ辛苦を受けたのだ。
そうして、自国内の日本からの戦後賠償を求める声を封じて賠償を放棄、日中の国交回復を実現させた。

日中国交回復は、一面では、こういう中国側の努力によって成されたと言えるだろう。
責任をいわゆるA級戦犯に押し付ける格好で、「政治的決着」を図った。
そして、日本からは、そうした中国側の配慮に応える形で、対中ODAや円借款などを決定した。
少なくとも、国交回復当初では、そうしたお互いの状況への思いやりがあった。

だからこそ、中国側にとっては、A級戦犯を合祀している靖国神社に日本の首相が参拝をすることは、こうした努力を踏みにじるものに映る。
歴史を重んじる国民性を持つ中国にとって、到底許容できるものではない。

靖国問題に対する、中国の過敏なまでの反応の背景には、こうした意識が働いていると思う。

by兵士シュベイク
[PR]
by MYP2004 | 2006-03-12 03:12 | サラリーマンのひとりごと

思想の中核と辺縁 ― 前置き

4世紀末頃から14世紀末頃までの約1000年が、ヨーロッパにおける中世だ。この頃、ヨーロッパは比較的貧しかった。

11世紀のイスラム圏では医学も進歩していて、外科手術も行なわれ、精神病院さえあった。イヴン·シーナーの医学書は、後のヨーロッパで17世紀まで大学で使われていた。

制度としての社会福祉が誕生したのも、バグダッドにおいてのことだ。

当時のヨーロッパで、最も多くの蔵書を保有していたのは修道院で、1つの修道院に5冊くらい本があった。一方、イスラム圏の大都市バグダッドでは数千冊の本を売る書店がいくつもあった。イスラム圏では古代ギリシア人の著作物が大量に流通していた。多神教的な古代ギリシアとイスラム文明はもちろん、相容れないはずだったが、当時のイスラム圏で世俗と宗教はかなり分立していたことになる。現実をさほど強引に理念に合わせようとはしなかったのだ。

西ヨーロッパの近代化に大きく貢献した人物の1人に、マルティン·ルターがいる。彼はカトリックに挑戦し、プロテスタント教会諸派の源流を作った。これにより、カトリックは相対化され、政治は教会と距離を置くようになり、理念的だった西ヨーロッパは経験的になった。イスラム圏が持っていた大量の書物がアラビア語からヨーロッパ諸語に翻訳され、ルネサンスの肥やしとなった。そしてヨーロッパとイスラム圏の実力はやがて逆転した。

社会において思想を実践しようとするときに、色々なことがうまくいかなくなる。思想と社会の現実はどこかで矛盾する。そこで理念的に ― 時に暴力などの強制手段を用いて ― 物事を思想に合わせようとするのか、それとも、経験的に妥協点を探るのか、そのあたりが社会における思想の最大の問題だ。社会思想に関する主要な問題は、思想の中核にではなく、辺縁にあるのである。

by Leoneed, also known as Lexar
[PR]
by MYP2004 | 2006-03-07 15:50 | 経済の視点から

「オリバー・ツイスト」「アサルト13」「クラッシュ」・・・善と悪はつながっている

「オリバー・ツイスト」「アサルト13 要塞警察」「クラッシュ」と三本立て続けに映画を観て、善と悪の複雑な関係について、色々と考えさせられました。

「オリバー・ツイスト」は、言わずと知れたチャールズ・ディケンズの名作。ディケンズは、あの「クリスマス・キャロル」の作者です。この話は、今までに何度も映画化されていて、ミュージカルにもなっていますね。

19世紀の階級社会イギリスで、孤児のオリバーが貧困と差別に苦しめられながらも、幸せを手にしていく話です。「何と陳腐な」と思うかもしれませんが、これが驚くほど今日的。ラストシーンでは、あちこちからすすり泣きが漏れるほどでした。

なぜ泣けるかというと、孤児たちを使って荒稼ぎをしていた泥棒であり、悪党のフェイギンが処刑されていく姿に、悪の複雑さと奥行きが感じられるからなのです。フェイギンは悪党ではありますが、孤児たちを養う優しさも持っていました。生まれや育ちが違っていたら、フェイギンはこういう人間になっただろか。

悪に染まるしかなかった運命の過酷さに、私は思いを致さざるを得ませんでした。悪を生み出すものは何なのか、悪そのもののような人間が時に見せる善人の顔と人情を、どう解釈したらいいのか。人生について考えさせられるラストです。

「アサルト13 要塞警察」はリメイク。容疑者4人を護送中の車が吹雪で行く手を阻まれ、近くにあった13分署で一夜を明かす事になります。そこは、かつて判断ミスから部下を死なせたトラウマに苦しむ巡査部長以下、数人がいるだけの小さな分署。そこに謎の武装集団が襲いかかってきます。

武装集団の目的は、容疑者の一人を口封じのために殺すことでした。外部との接触を断たれ、吹雪の中で孤立した13分署。とても対抗できないと悟った巡査部長は、容疑者を一時的に解放して武器を持たせ、共に武装集団と戦うという危険な賭けに出ます。

警察官と容疑者たちの疑心暗鬼、そして対話。内にも外にも敵を抱え、トラウマと戦いながら奮闘する巡査部長の前に、やがて本当の悪人・・・黒幕が姿を現します。派手な銃撃アクションですが、それだけでは終わらない苦い後味が残ります。正義を掲げる組織はなぜ腐敗するのか。正義という大義名分は実に危ういんですね。

「クラッシュ」は、もうすぐ発表されるアカデミー賞6部門にノミネートされている群像劇。「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本を書いたポール・ハギスの初監督作品と聞いて、一も二もなく観に行きました。

舞台は、白人と非白人の比率が逆転しつつあるロスアンゼルス。非白人に対する優遇政策で、より複雑になった民族間の摩擦と緊張感は、息苦しいばかり。「強者」と「弱者」が複雑に入り交じり、本音と建前が使い分けられる現実がそこにはあります。

その中で、人種差別主義者の警官が寝ずに父の介護をし、正義感溢れる若い警官がアフリカ系の若者を殺してしまう。何と皮肉なことでしょう。面白い映画は決まって、悪の描き方が優れています。

善と悪は複雑に絡み合い、しかも突き詰めると繋がっている。どちらも絶対ではなくて、関係の中で様々な現れ方をするわけです。そんな現実をかいま見せてくれる映画でした。現実を善悪二元論で見る単純さを思わずにはいられません。 by G2
[PR]
by MYP2004 | 2006-03-01 21:58 | リビングから見た社会