<   2005年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

靖国神社参拝強行と女性・女系天皇反対に見る、「唯一無二の美しい日本」

皇室典範改正をめぐる混乱が、靖国神社参拝をめぐるそれと似てきているようです。

靖国問題について言えば、かつて軍国主義のシンボルであったという「常識」を、「小さな島国が欧米列強に脅かされながら、みんなで団結して頑張ってきた」という、遅れてきた近代化のナショナリズムが押しのけている状況です。

一方、皇室典範改正問題では、「万世一系」という建国神話が歴史的事実を覆い隠し、それに少なからぬ人々が寄りかかろうとしているように見えます。天皇制の歴史的経緯についてよく知らなかった人が、初めて男系の意味を知り、それに共感を寄せていくところが靖国問題にそっくり。

両者に共通しているのは、他の国とは違う「唯一無二の美しい日本」を志向しているところ。そして、それに自分を無意識のうちに重ね合わせていくところかな。

靖国神社は、「国のためにみずから進んで命を落とした人を祀る神社」ではなく、「国民を騙して、有無を言わせず戦争に駆りたてた軍国主義のシンボル」。つまり、戦争遂行の精神的支柱だったわけです。これが議論の余地のない歴史的事実であり、戦争体験世代ならみんな知っていることです。

でも、こういう歴史的事実を共有していないと、「国のために命を捧げた人に感謝するのは当然」という俗論に引っかかりやすい。そもそも、恣意的な論理の積み重ねで歴史的事実を葬り去るのは簡単なことなのです。アポロ11号の月面着陸も南京虐殺も、ユダヤ人虐殺もなかったことにできますよ、「事実そのものを疑う」きっかけさえつくれば。

天皇制は明治以前、しばしば政治的陰謀を巻き起こしながら、形式的には存続してきたというのが歴史的事実。ほとんど忘れられていたような時期もあったし、「万世一系」などという大層なものじゃなかった。これ、日本史で勉強しましたよね。それなのに、「「純粋な血によって連綿と受け継がれてきた美しい日本」の物語が、なぜ今「再発見」されなければならないのか。

国民国家形成時に、欧米列強と肩を並べるために創られた物語が、なぜ今必要とされるのでしょう。女性・女系天皇を認めることで、何が失われると恐れているのか。本来、「日本とは何か」という絶対の答はないはずなのに。国というものは常に変化し続けているのですから。アメリカもフランスも同じです。

それにしても、こういう「日本とは何か」という問い方の、何とも脆く狭いことか。国のアイデンテティーは過去に退くのではなく、未来志向で考えたいものです。イスラムとの共存に悩むEUは、もっと真摯で現実的な知的問いかけを行っていますね。

例えばブラウン財務相は、イギリス人であることをこう定義しています。「寛容と自由を信じること、市民の義務を負うこと、フェアプレ−精神があること、新しいものを受け入れること」。一方我が国では、靖国神社参拝の強行と女性・女系天皇の拒否に、それを求めている。あまりと言えばあまりではないでしょうか。 by G2
[PR]
by MYP2004 | 2005-11-28 21:03 | リビングから見た社会

「萌える男」 恋愛ニートが告発する日本社会の現状

話題のちくま新書「萌える男」(本田透著)を読みました。いやぁ面白かった。最近読んだ本の中でも出色の面白さでした。何より感心したのは、今の日本社会の在り方に対するユニークな批判になっていることです。これは優れた社会批評です。これぞ「思想」というべきでは。

著者の主張はこうです。「萌えとは、市場原理に支配されてゲーム化した恋愛→恋愛資本主義の忌避である」。そして、「眼前の現実だけが全てだとして、その中で生きる事を強要する一元的世界観に抵抗する、新しい社会運動なのである」。いやぁ、そういう展開になるとは思いませんでした。

著者によると、バブルの80年代に、恋愛は市場経済原理に取り込まれてゲームとなり、純愛と性的関係は分離。風俗がお手軽なものとなりました。それまで男性の論理で行なわれていた性の商品化は、その気になれば女性の側から、お小遣い稼ぎレベルでできるものになったのです。

1969年を境に崩壊していった学生運動(70年安保闘争→全共闘運動)は、吉本隆明(ばななの父親)の言う「共同幻想」を崩壊させ、その後に「神田川」のような純愛ブームが訪れます。「共同幻想」に夢を持てなくなって、「対幻想」にすがりついたわけですよ。その「対幻想」を壊したのが恋愛のゲーム化、つまり恋愛資本主義です。

そこでは、性的関係にたどりつくための手練手管がもてはやされ、男はナンパに励みました。女性の中には、みずからの商品価値を最大限に利用する人も現れたのです。ちなみに私は、今や普通になった肌見せファッションは、この頃に始まったと思っています。

また、女子高校生の驚くべきミニスカート仕様のルーツもこのあたり。あれは、女子高生が高い性的価値を持っていることを、みずから自覚して取り込んだものであり、それが無意識レベルにまで浸透して定着したものです。

このような恋愛マーケットでいい思いができたのは、いわゆる「三高」男です。現実には残酷なほどの二極化が進んでいきました。そうした恋愛ゲームに加わることを最初から拒否した「恋愛ニート」。それが萌える男たちだったわけです。

著者は、萌える男がモテないオタクとして差別されているのはおかしいと主張、「萌えない男」の悪しき典型として、強姦サークル「スーパーフリー」の主宰者・和田真一郎を挙げています。想像力を欠いた精力が強いだけの男。このあたりの論の展開は非常に面白いです。

しかし、出色なのは日本社会の現状を批判した最後のところです。この世界はただ一つの現実のみで構成されており、観念の世界は全て妄想であり虚妄に過ぎないという一元論。この思考に陥ると、観念(二次元)で暖めたアイディアを現実(三次元)にフィードバックするという循環が止まってしまう。つまり「思考停止」状態になる。そして思考停止したシステムは、現システムを維持するためだけに動き続けることになるのである・・・。なるほどねぇ。

とにかく読んでみてください。目から鱗が落ちること請け合いです。「電車男」批判もあります。全く違う見方や「自己弁護だ」という批判も当然あるでしょうが、私はこのユニークなアプローチと社会性を評価します。少なくとも、見下して笑っている自称・モテ男より共感できます。 by G2
[PR]
by MYP2004 | 2005-11-22 22:25 | リビングから見た社会

うその耐震設計・・怖いマンション

昔は怖いマンションといえば、古くなって暗くすすけて・・お化けがぁ!ってな建物でしたが昨今ではちょっと大きめの地震で簡単に倒壊する最新鋭マンションを言うらしい・・
そして、それらのマンションはお洒落な外観で、オートロックなどもついて、インターネットも完備されていて、そして庶民でも変えるほど安くて・・そういうものらしいです。

千葉県の設計事務所がマンションやホテルの構造計算を偽造し、結果的に完成した建物の耐震性が殆どないことがわかって大騒ぎになっていますが、神戸の地震を経験した僕らから考えると、身震いするような怖さでもあるわけです。
その事務所の手がけたマンションは震度5強で倒壊する可能性があるということですが、阪神淡路大震災のときに僕の住む垂水区では震度6でした。
僕の住む公団住宅は全く無傷でしたし、区内では倒壊したマンションはなく、あっても半壊で、それらは全て補修工事が終わっているわけですが、最新のマンションがあの地震の時のマンションよりもさらに耐震性がないというのは・・どう考えても異常です。
さらに言えば、あの大震災のときに三宮でも板宿でも、はたまた六甲でも、震度7の地域において、無傷の建物もあったわけで、それらはきっと良心的な設計施工がなされていたと考えるしかないのでしょうね。

昨今のマンション業界にあっては高層化と低価格化が同時に進行し、バブル期の中古マンションより遥かに安い金額で新築の高層マンションが販売されています。
構造計算を緻密にすることにより、少しでも無駄を省き、しっかりした強度が確保されるのは歓迎されることですが、残念ながら我々素人には、それの妥当性を判断すべき知識はありません。
結果として販売会社、建築会社、設計会社を信頼するしかないのですが、コストだけが目に見えて、外観を立派に飾り立て、室内の装備を良くすればいくらでもマンションなどは売れる時代でもあるわけであり、ここで大地震が起きて大きな被害を出してしまったなら、それはまさしく殺人事件として扱っても良いのではないかとも思うわけです。

全く別の話になりますが、昨日、たまたま、友人が年末年始の旅行の相談に訪れ、いろいろ見ていましたら驚いたことに、日航の便については年末年始でも座席に余裕があるものがかなりあることに気がつきました。
昨年来、小さな事故やインシデントが続く日航という会社は、航空機の低コスト競走のために、整備などを海外で行なうといったコスト削減を行なっているそうですが、結果として小さな事故の頻発という、ある意味では信用を失っている姿だと僕などは捉えてしまいます。

低コストを追求するあまり、してはいけないことをしてしまう・・
日本人は再びエコノミックアニマルの道を進もうとしているのでしょうか?
けれども、今回の設計事務所の事件が氷山の一角でないことを祈るしかない・・悲しいかなこれが現実かもしれません。
[PR]
by MYP2004 | 2005-11-19 09:41 | 神戸舞子から世間を見ると

町田女子高生刺殺事件で、男子高生を逮捕:ボーイズラブの悲惨な結末

東京都町田市で女子高校生が刺殺された事件で、同じ学校に通う男子生徒が逮捕されました。逃げる女子高生を30分に渡って追いかけ、執拗に刺し続けた残忍な犯行は、汗を流しながら山登りに励む、無遅効無欠席の真面目な男子高校生によるものだったわけです。

校長を始め学校関係者や近所の人は、「あんな真面目そうな子が」と驚きの声を上げていますが、大人の目は節穴。真面目な男子高校生だからこそ、こういう犯行に及んでしまったのではないでしょうか。不器用で、好きな女の子に気軽に声をかけることもできない思春期の男の子が、思い詰めた結果の痛ましい事件という気がします。

被害者の女子高生とは幼なじみだったそうですね。「高校に入ってから急に冷たくなった」と言っているそうですが、彼の存在が、このかわいい女子高生の眼中になかったことは明らか。話題にも出なかったというし、二人が話しているところを見たこともないと、同級生らは話しています。

大学生の娘たちはこう言っています。「朝会ったら『おはよう』と言ったり、話しかけられたら返事をするぐらいの関係だったのではないか」と。しかし高校生にもなれば世界が広がるし、家が近いくて小さい頃から知っているというだけでは、相手にはしなくなります。

特に、女の子はそういうところがはっきりしていますから。男の子が持つ、異性に対するコミュニケーション能力の差によって、立ち位置の違いが残酷なまでに明らかになってくるのです。ごく一部の男の子が妄想の世界に入ってしまうのは、このためではないでしょうか。この少年はついに、少女から「話しかけないで」と言われていまったんですね。

改めて、女性・女系天皇に反対している、「新しい歴史教科書をつくる会」のメンバーでもある八木秀次・高崎経済大学助教授に対する怒りが込み上げてきます。八木助教授が女性・女系天皇に反対している理由の一つは、「ボーイズラブ文化が失われる」というものです。

つまり、「女性・女系天皇は女をリアルな現実にしてしまい、男の妄想が存在しえなくなる」んだそうな。アホらし。女性に対する一方的な思い入れが、時としてこんな悲惨な結果を生んでしまうことを、どう説明するのか。両性間のコミュニケーションを促すことこそ、このような事件を起こさないための予防策になるかもしれないのに。

それにしても、女子高生の遺体を発見したのが、徹夜勤務から戻ったトラック運転手の母親だったことに、社会の一断面が表れていますね。それと、私が読んだ新聞記事には「この男子高生はコンピューター関係の仕事に就くことを希望していた」とありましたが、偏見を招きかねない記述だと思います。  by G2
[PR]
by MYP2004 | 2005-11-12 22:28 | リビングから見た社会

写真の道が遠くなる写真の会社

先日、朝日の報道でコニカミノルタが個人ユーザー向け写真ビジネスから撤退するという情報が流されました。実はこの報道はフライングで、コニカミノルタは現在売上の20%を占めている個人ユーザー向け写真・カメラビジネスについては10%以下とし、その分、医療分野でのビジネスや、液晶の表面フィルムなど業務用の仕事に力を入れていくというものでした。

コニカミノルタは皆さん殆どの方がご存知のように、最近、コニカとミノルタが合併・・実質上はコニカによるミノルタの吸収・・によって出来た会社ですが、いずれも歴史は古く、特にコニカの前身たる「小西六写真工業」は、その源を訪ねれば明治にまで遡り、初の国産フィルムや国産カメラを創り上げた名門です。
現在の写真技術の中でも、自動露出、オートフォーカス、カメラ内臓フラッシュ、日付写しこみ、フィルム自動給走、高感度フィルムといった、基礎的なものの発明はこの会社によるところが大きいのです。

もう一方のミノルタという会社は、なかなか味わいのある会社で、関西で唯一の一般向けカメラ製造会社として知られていました。
ミノルタの傑作には戦後すぐのミノルタオートコード、高度経済成長時代のミノルタSR-1、初の全自動システムカメラミノルタαー7000・・写真文化をひろく大衆のものとした会社でもあります。

この2社が合併して出来た会社・・それが写真から一定の距離を置くというのですから、事態はただ事ではありません。
今や発売されるカメラの90%はデジタルカメラで、その分野ではキャノン、ニコンの健闘が続いていますが、すでに撤退をした京セラ、大幅縮小を決めたオリンパスに続いて、波に乗れない会社が出来てしまったわけです。
家電メーカーが参入するカメラという世界にあって、カメラメーカーという味をしっかり残した製品・・それもこれまでのユーザーにも充分注意を払った製品がしっかり売れているのに対し、個性の見えない、他社製品に埋没する製品では太刀打ちが出来ないということでしょうか?

コニカミノルタが満を持して発売したαー7デジタルは、カメラマニアの心をくすぶるものをもっていましたが、既に一眼デジタルではニコン、キャノンの先行ぶりが響き、その中に割って入ることが叶わなかったということでしょうか?
製品の発表が遅れる間に、同社のこれまでの顧客は先行2社に吸い取られてしまっていたのでしょうか・・

実はミノルタはデジタル一眼レフでは何処よりも先駆けて一般向けの製品を供給した会社でした。
何を間違えたか、そのシステムは同社既存の一眼レフシステムαシリーズとの互換性を全くなくしたもので、結果としてこれが売れず、一からシステムの構築をする羽目に陥ってしまい、先行2社に大きく遅れたというのが、同社不振の原因でした。
営業戦略の失敗といってしまえばそれまでかもしれませんが、その当時、ライバルだったキャノン、ニコン両社が既存システムを完全に生かしていく道を模索し、試作を繰り返し、先ずは業務用カメラとして発売して市場の反応を見ていたのとでは誠に対照的でした。

一つの失敗が、会社全体の足を引っ張る場合もあります。
製造拠点を全面的に中国に移管したこともファンの心理を離れさせたという人もあります。
(先行2社も海外での製造拠点を持っていますが、全面的に移管をしているわけではありません)
同じ頃、複写機で全国コンビニチェーンと契約を結びながら、コンビニ特有の激しい使われ方に同社の機械が対応できなかったという噂も聞いています。
結果として、ミノルタの経営体力は大きく低下し、コニカに吸収されたものの、新しい会社もまた・・写真業界の激変について来れなかったわけです。

新方針で会社の経営体力が向上することを願うしかないのですが、個人ユーザーの心がかなりの面で離れてしまった今、業務用の大きな市場で顧客の心をつかむことが出来るのか・・
写真業界の片隅にいるものとして、とても心配しています。

一度、道を踏み誤ると、とんでもない世界が待っている・・激しい経済界の様子がこの会社から伺えるような気がしてしかたがありません。e0010246_11302034.jpg
[PR]
by MYP2004 | 2005-11-12 11:31 | 神戸舞子から世間を見ると

女性天皇に反対論?! 愛子ちゃんは天皇になれるか

皇室に男の子が全く生まれないという現実を前に、8割にのぼる国民の容認を背景にして、一気に皇室典範を改正しようとしていた政府。しかし、そう簡単にはいかないかもしれません。

一部の学者と国会議員から反対の声が上がったのです。わざわざ会までつくって反対しています。さらに三笠宮も異論を述べました。皇族がこういう発言をするのは異例のこと。果たして許されるのか。皇族って、受け身でいるべきなんじゃないの? それが象徴天皇制というものでしょう。

さて、その反対している学者や国会議員たちですが、まぁいつものメンバーです。例えば学者たちの中心になっている一人は、八木秀次・高崎経済大学助教授。面白いほどの時代錯誤発言を繰り返している人です。ここまでキワモノ的になると、社会的影響力もないでしょう。

で、若干の違いはあるものの、女性天皇反対論者はほぼ同じ。「昔から延々と続いてきた我が国固有の伝統である天皇制の在り方を、拙速な議論で変えていいものか」。この主張は捏造と事実誤認に基づいたものですが、あまりにわかりやすい話なので、敢えて触れません。

面白いのは、こういう主張が国民の実感とズレていることです。「別に変えたっていいじゃない」というのが大勢なのですから。一部の議員が今さら、「男女の特性を見失ってはいけない」と声高に叫んでいるのに似ていますね。

必死で守らなければならない「伝統」は、既に力を失っているわけで。つまり、こういう主張は今や一種のサブ・カルチャー。「女性と女系は違う」という主張にしても、特別に血統にこだわる人以外から見れば大差ないし。そもそも、「純粋な血」というものは有り得ないのです。

それなのに、主張を恐れて何でも両論併記のマスコミは、この意見を大々的に取り上げています。朝日なんか参考資料として天皇の系図を載せて、初代を神武天皇にしてる。万世一系は近代になってつくられた神話でしょうが。

もう一点、反対派議員たちはこう言っています。「皇室典範改正に関する有識者会議に、皇室に関する専門家がいない」。これには笑えました。皇室問題の専門家ってなに? 美智子皇后の取材を続けて三十年、ついに皇室ファッションになってしまった元TBSプロデューサーの渡辺みどりさん?(まさかね) 

こういうことは市民の常識で充分でしょう。下手に専門家なんか入れると、おかしなことになりますよ。ただ、首相の私的諮問機関に過ぎない有識者会議を、「初めに結論ありきだ」とする批判は当たっていますね。法的拘束力のない私的諮問機関の政治利用が、今まで許されてきた方がどうかしていたわけで。これを機に止めさせなければ。  by G2
[PR]
by MYP2004 | 2005-11-09 20:53 | リビングから見た社会

スーパーの蛸に感じたこと・・

先日、地元のスーパーの生鮮食品売り場を覗いて見ました。
野菜売り場では地元農協の印が入った都市近郊の野菜が多く並んでいますが、量となると圧倒的に中国ものが多いように見えます。
そのまま、その先にある鮮魚のコーナーへ・・
蛸や鯛、つばす、いか、海老、さんま、鯵、鰯などが並んでいます。
見るからに新鮮そうで美しく見えるパッケージの一つ、蛸を見ると「アフリカ産」とあります。
それだけなら、どこにでもあるスーパーの風景の一つでしょうね。

でも、ふと考えてしまったのです。
玉子焼き(明石焼き)、干しダコ、タコメシ、タコブツといった、明石海峡付近の名物料理に欠かせないタコが、遠くアフリカから来ていることに、ちょっとした驚きと、ちょっとした落胆を感じてしまったわけです。
現実に、生きた蛸は、明石市の「魚の棚」に代表される商店街や、垂水区、須磨区の市場の魚屋に行けばたいていの場合、手にはいります。
魚屋さんの店先では勝手に歩き回る蛸に手を焼きながらも、それもまたこの界隈の風景の一つでもあるわけです。
ですが、一般の消費者は蛸を1匹、丸ごと買っても、先ず食べきれません。
そこで勢い、蛸を食べる時はスーパーの切り売りパックの登場と相成るわけです。

日本有数の蛸の産地である、明石海峡沿岸にして、この状態です。
食品は、今や世界中から日本に集められ、消費されています。
けれども、日本人の必要量は日本での収穫量をはるかに超えてしまっているわけです。

明石海峡は鯛でも有名です。
けれど、天然モノの明石鯛はあまりにも高価で、沿岸の市民の口には入りません。
結果として産地であるはずのこの地域で食べられる鯛もまた、養殖モノであり、それは遠くから運ばれてきたものであるわけです。
(料亭や寿司屋、通好みのお店などはきちんとしていますから安心してください)

今更というわけではありませんが、この国の食糧事情というものに思いをめぐらせる時、漠然とした不安を感じてしまうのは僕だけではないでしょう。
神戸の町は、それでも、様々な食品の産地でもあり、神戸市民は他の大都市よりは食料の面では、恵まれているのかもしれません。
その神戸の町の、漁港に近い舞子付近での話ですのでやはり、ちょっと考えてしまうわけです。

今日は、蛸から思いが飛んでいきましたが・・今食ってるこれ・・何処の食品だろう??
考えてみるのも意味のあることかもしれません。
[PR]
by MYP2004 | 2005-11-07 19:10 | 神戸舞子から世間を見ると

小泉イブニングドレス内閣とアジア外交のゆくえ

第三次小泉内閣が発足しました。今回の(ワイドショー的)最大の見物は、宮中での認証式と首相官邸での記者会見における女性閣僚の、特に小泉チルドレンから初入閣となった猪口邦子少子化・男女共同参画担当大臣のイブニングドレス姿でした。

鈍い光沢を放つ、ちょうちん袖のその青いロングドレスを見た時、私は衝撃で青くなってしまいました。イメルダ・マルコス元フィリッピン大統領夫人を思い出させるあのドレス、国益を損なっていません? この写真、まさか海外に配信されていませんよね。女性閣僚がああいうドレスを来て記念撮影をする国って、他にあるのでしょうか。

王室のある国ならこういう習慣もあるのかもしれませんが、限度があるでしょう。マリー・アントワネットじゃあるまいし。子どもの頃からの記憶をたどってみたのですが、そもそも女性閣僚自体が少なかったこともあり、こういう派手なドレスを見た記憶はないです、私。もしかしたら、日本では着物だったのかもしれませんが。

私の曖昧な記憶によれば、こういう場違いなドレス姿が出現したのは扇千景参議院議長が入閣した時からです。まぁ、あの人は元タカラジェンヌですから。仕方がないかなと思っていたのですが、こういう形で後継者が現れるとは。

しかも男女共同参画担当大臣ですからね・・・。まずみずからのジェンダーを乗り越えて、大臣にふさわしい成熟したファッションに脱皮してもらいたいものです。それから、二言目には「夫、夫」というのもやめないと。とにかく頑張ってください。男女平等は今、正念場ですから。

さて、その改造内閣ですが、最も驚いたのは麻生太郎の外相就任。品性のなさと歴史感覚の欠如には定評のある人間ですから。もはやアジア外交は放棄か。首相、官房長官、外相の三人が揃って靖国神社参拝という、世も末の光景が目に浮かびます。

ただ、うがった見方をすれば官房長官や外相は持論が言いにくい立場ですから。外交的影響を考えない強硬発言をノーテンキに繰り返していれば墓穴を掘る可能性もあるわけで、放言ばかりしているのは政治家失格だと、国民が気付けばいいのですが。無理か。  by G2
[PR]
by MYP2004 | 2005-11-02 21:43 | リビングから見た社会