<   2005年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

黒一色の、北朝鮮・金日成スタジアム

2005年3月31日(木)

--------------------------------------------------------------------------------


黒一色の、北朝鮮・金日成スタジアム

2006年FIFAワールドカップ・アジア最終予選の前半が終わりました。
日本はバーレーンに辛勝して、一応グループ2位です。
韓国もウズベキスタンに勝ちました。

日本と同じBグループの北朝鮮は三連敗です。
昨日イランに負けた後、サポーターが審判の判定に怒り、
選手達は試合終了後も暫くスタジアムを出られませんでした。
やはり恐い国だ・・・という見方もあるでしょうが、
私は北朝鮮の人達が感情をあらわにするところを見て、ちょっとホッとしました。
同じ人間として当然持っている感情を、一体どこで出しているのだろうかと、
常日頃から疑問に思っていましたから。

もちろん、誉められたことではありませんが、
日常のストレスがああいう所に出たという感じもします。
何はともあれ、北朝鮮市民が秩序を見出す行為をしたのには、驚きました。
その中で、日本育ちのアン・ヨンハが懸命に仲裁している姿が印象的でした。
いつも冷静で、本当にいい選手ですね。

それにしても、金日成スタジアムはほとんど黒一色。
それでいてウェーブをするのですから、無気味な印象を受けた人も多いでしょう。
しかし、ほとんど赤一色の華やかな韓国のスタジアムを見慣れている私は、
黒っぽくて暗い金日成スタジアムを見た時、胸を突かれる思いがしました。
私がそこに見たのは圧倒的な貧しさでした。

韓国と北朝鮮。
この二つの国の間には、何と大きな差がついてしまったことでしょう。
北朝鮮には、選手達と同じユニフォームを着るという発想すらありません。
そういうものを生産するビジネスもシステムもありません。
好きなファッションに身を包み、自分なりのおしゃれを楽しむことすら、
不可能なのではないでしょうか。
完全に世界から取り残されているます。

この貧しさが独裁体制を支えているのです。
かつて韓国にも、このような貧しさがありました。
その貧しさの中で、人々は独裁に耐えていたのです。
しかし、豊かになるにつれて韓国の人々は権利を主張し、
政府の政策にも意義を唱えるようになりました。
私はその変化を、驚きの目で見てきました。

北朝鮮を豊かにする必要があります。
それが北東アジアの安定につながり、日本の利益にもなります。
浅はかな政治家の感情論に振り回されたら、私たち国民が損をするだけです。
[PR]
by MYP2004 | 2005-06-23 14:56 | リビングから見た社会

銃の似合わない男でOK

2005年2月11日(金)

--------------------------------------------------------------------------------


銃の似合わない男でOK

先日テレビで、韓国映画「シュリ」を放送していましたね。
韓国映画が注目されるきっかけになったパワフルな作品です。
北の女性工作員と韓国の男性捜査官とが、恋と任務に引き裂かれる話。
設定も面白かったけれど、銃撃シーンの迫力も話題になりました。

韓国映画は銃撃シーンが派手です。
しかも銃を持つ姿がサマになっている。
これは、韓国には兵役があって、
男性のほぼ全員が銃の打ち方を知っているからだそうです。

それで気付いたことがあります。
日本の男には銃が似合わないということです。
私はドラマや映画で日本人が銃を撃っている姿を見て、
キマッてるなぁと思ったことがないのです。
銃撃シーンが売りのドラマもありますが、正直言って何かヘン。
かっこつけているだけという印象がぬぐえないんですよ。

私はこれを、とてもいいことだと思っています。
武器には恐らく「男のロマン」的な性格があり、
「改憲、改憲!」と威勢良く叫んでいる人達にも、
多分にそういう傾向が見受けられます。
つまり、自分を強く見せたい、大きく見せたいという気持ちを感じるのです。
男を男らしく見せるには、軍服を着せるのが一番手取り早いわけで。

一方、武器を持たずに自分をアピールするのは難しい。
象徴的な意味でもです。
男性には時々、いい車を持っていることを盛んにアピールする人がいますが、
あれも、言わば武器の一つなのかなと思う時があります。

トルシエ・ジャパンの通訳をしていたフローレンス・ダバディ氏は、
「Newsweek」日本版2月2日号のコラムで、
日本人男性の長所の一つとして「優しさ」を挙げています。
そしてこう書いています。
「優しさ=弱さではない。格好いい男、女性に尊敬される男、
文明を引っ張るヒーローには優しさが絶対に必要だ。(中略)
優しさに関して、日本人男性は世界基準から見ても進んでいる」

うーむ・・・さすがダバディー、いいところを見ていますね。
銃が似合う男が優しいとは、私には思えませんから。
銃を持たないのは弱腰でも何でもありません。
より文明的なのです。
日本の男性には、ずっと銃の似合わない男でいてもらいたいです。
[PR]
by MYP2004 | 2005-06-23 14:51 | リビングから見た社会

バッチギ!


--------------------------------------------------------------------------------
2005年2月21日(月)

--------------------------------------------------------------------------------


「パッチギ!」

日朝戦が無事に終わって、アン・ソンハもリ・ハンジェも、
またJリーグに戻ってきて活躍しています。
スポーツはいいなぁと思っていたら、北朝鮮が核兵器製造宣言、
北朝鮮への経済制裁を求める声が日増しに高まっています。

あさりの産地偽装問題も一挙に噴出。
何の接点も無いと思っていた北朝鮮の産品が、
実は食卓に乗っていたということを、日本人はどう受け止めるべきか。
そこを考えたいところです。

さて私は先日、公開中の映画「パッチギ!」を観てきました。
パッチギとは朝鮮の言葉で「頭突き」のこと。
つまり喧嘩用語です。
このタイトルからもわかる通り、「パッチギ!」は派手な喧嘩映画です。

時は1968年、場所は京都です。
朝鮮高級学校と日本の高校生との派手な喧嘩を主軸に、
朝鮮学校の美少女にひと目惚れした高校生の恋愛を描いています。
バックには、東西分断の悲劇を歌っていたことで大騒動になり、
放送禁止になった歌、「イムジン河」が流れています。

ええと、30代以下の方のためにちょっと説明致しますと、
1968年はまさに激動の年でした。
安保延長阻止を目指す全共闘運動は、まさに絶頂期に。
世界は東西冷戦の真っ最中で、その象徴とも言えるベトナム戦争では、
アメリカの世論を逆転させる結果となるテト攻勢が行なわれました。

日本でも連日のデモの嵐で、大学はロックアウト状態。
デモ隊と機動隊が各地で衝突を繰り返、成田空港建設反対闘争も激化。
何しろあの空港、国がいきなり農家の人に、
「ここに空港を造るから出ていけ」と言って建設を強行したんですよ。
本当に騒然とした世の中でした。
キング牧師が暗殺された年でもあります。

そして、記憶によると東京では、一部高校生がしばしば、
朝鮮学校の生徒を襲撃していたのです。
しかしこの映画を見る限りでは、京都では対等に喧嘩していたのかな。
そんな中でも、帰還事業で北朝鮮帰る若者がいます。
在日二世が十代だったあの頃、在日コリアンへの差別は、
今とは比較にならないぐらい酷かったのですから。

何はともあれ、私はこういう映画が造られ、
メジャーな映画館で普通に公開されるようになったことを嬉しく思います。
あの頃、こういう時代が来るなんて想像もできませんでしたから。
だからこそ、過去の歴史的経緯を冷静に見つめたいものです。
より良き未来を生きるために。

あと一点、男性が青春映画を造ると、
どうしてもジェンダー的になってしまうのは残念ですよね・・・。
[PR]
by MYP2004 | 2005-06-23 14:49 | リビングから見た社会

NHKの女性アナ

2005年1月31日(月)

--------------------------------------------------------------------------------


NHKの女性アナ

NHKはヘンです。
言うまでもなく、元プロデューサーの制作費着服や紅白低迷を契機に、
評判の悪かった海老沢会長がやっと辞任したかと思ったら、
すぐに最高顧問に就任。
批判を受けて三日めに辞任するという茶番劇を演じました。
後継の会長は、記者会見もろくにこなせないような人です。

もちろん、ここに至るまでには様々な問題がありました。
というより、今回の番組改ざん問題でも明らかなように、
NHKは常に政治との距離の近さが問題視されてきました。
それにしても、局内に政治家の子どもが多いのには驚きます。
これじゃ、権力に距離を取れと言っても無理ですね。

日本人は長い間、公共放送について考えることをサボってきました。
そのツケが回ってきたという感じ。
公共放送の在り方は、その社会の品格を決定します。
これから公共放送の在り方について、大いに議論をしていきたいものです。
しかし、お詫び番組でお茶を濁されてはシラケますね、本当に。

ところで、今のNHKは特にヘンだということが、
非常にわかりやすい形で現われているのがアナウンサーの在り方。
とりわけ、女性アナウンサーの中途半端なタレント化です。
NHKの女性アナと言えば、声も服装も落ち着いているのが身上。
時代感覚は必要ですが、流行を追う必要はありません。
そういうものを、私たちは求めていないはずです。

本来は知的な女性アナが、不似合いに若造りな服そうと髪型で、
無理にキャピキャピしているのは違和感があります。
むしろNHKのアナは、民放との違いをはっきりさせた方がいい。
その方が信頼感が持てます。
これ一つ取っても、公共性とはどういうものかわかりますよねぇ。
[PR]
by MYP2004 | 2005-06-23 14:47 | リビングから見た社会