2006年 02月 23日 ( 1 )

戦前への回帰? 「功名が辻」のワンシーン

先日、たまたまテレビをつけたら、
NHK大河ドラマ「功名が辻」が放送されていました。

その日の筋書きは、こうです。
題して「妻の覚悟」。
山内一豊が出征している時に、ある家来の妻が亡くなる。
しかし、その妻は夫が戦う気持ちを乱さないため、自分の死を隠すように頼む。
山内と家来は帰国した時、はじめて家来の妻の死を知る。
その姿を見て、山内の妻・千代は武人の妻のあるべき姿を見る。
そんな内容でした。

最後のシーンは、
またも出征する夫たちに、
「必ず生きて帰ってきてください」と笑顔で見送る女たちと子どもたち
というものでした。

私、思わず、「デジャビュ!」と叫んでしまいました。

「この光景、何かで見たことある!」

そう、戦時中の光景です。
戦場にいく男と、それを見送る銃後の女。
その光景そのものですよ。

「功名が辻」が描く世界は、戦前の姿そのものじゃあないか。

by兵士シュベイク
[PR]
by MYP2004 | 2006-02-23 23:10 | サラリーマンのひとりごと