2006年 01月 29日 ( 1 )

お金 ― I

e0010246_911358.jpg紙に山勘で1万円札とできるだけ大きさが近い長方形を書こうと試みた。我ながら、ほぼぴったりで驚いている。

長方形が実際の1万円札よりも大きければ大きいほど、あなたはお金に振り回されている。逆に小さければ小さいほど、あなたはお金の力をなめていて、これも良くない。

ホリエモンの"人の心はお金で買える"という発言にむかっ腹を立てている人の心は、多分、本当にお金で買えると思う。ホリエモンに心を見透かされたから、腹を立てているんだろう。

さて、お金で買えないものといえば、愛はお金では買えない。出会い、セックス、結婚はお金で買えるんだが、愛はそうじゃない。だって、HPAタンパク質のパターンが男女間の愛を決める主要因で、収容所の一文無しの囚人とお金持ちの令嬢とだって、愛は生じる。

お金でたいていのものは買えるけれど、買えないものもある。

お金を蓄えるということは、自由を蓄えるということだ。自由主義者はお金が大好きだ。もうほとんどお金主義者といっていい。私も例外じゃない。

でも、お金でうまく蓄えられない種類の自由もある。若さに伴う自由は、お金でうまく蓄えられない。お金で蓄えやすい不揮発性の自由と、お金ではうまく蓄えられない揮発性の自由がある。

労働者は自分の揮発性の自由を売って、不揮発性の自由しかうまく蓄えられないお金に換える。これって結構辛い現実だ。そしてそれにみんな気がついた。だから、社会運動は人々が労働者以外の何かになれる希望をちらつかせないとうまく行かない。ホリエモンが英傑なのは、まさに、その希望を示したからだ。

By Leoneed, also known as Lexar
[PR]
by MYP2004 | 2006-01-29 09:25 | 経済の視点から