小泉首相に「逆刺客」、イラク戦争批判の天木直人氏が出馬

イラク戦争を批判して外務省を解雇された元レバノン大使の天木直人氏が、
小泉首相の選挙区である神奈川11区から出馬します。
他に立候補を表明しているのは、民主党と共産党の候補です。

現在の状況では自民党が圧倒的に強いようで、首相の優位は揺るぎません。
しかし、首相自身に「逆刺客」が送られたとなれば、
メディアも取り上げて話題になるかもしれません。

ご存知のように小泉首相の選挙区は、
祖父・父から引き継いだ海軍基地の横須賀(と三浦)です。
有権者40万のうち、半数強が投票し、彼の得票は17万、
共産と民主をあわせても5−6万程度と聞きました。
実際、神奈川11区は天木氏が立つまで無風状態で、
小泉首相は安心して全国に応援演説に行けるはずでした。

しかし、自衛隊派遣をはじめとする外交問題がクローズ・アップされれば、
郵政民営化一本に歪められている選挙戦の様相が、少し変わるかもしれません。
まぁ、メディアの取り上げ方にもよりますが。

意図的に他の問題を隠蔽し、郵政民営化に賛成か反対かのみに争点を絞り、
有権者に考える余地を与えずに二者択一を迫る異常な選挙。
国民も馬鹿にされたものです。
                                          by G2
[PR]
by MYP2004 | 2005-08-27 22:28 | リビングから見た社会
<< 今や総理はスーパースター つくばエクスプレス開業! >>