日本、Wカップ出場決定

2005年6月9日(木)

-------------------------------------------

日本、Wカップ出場決定!

Wカップ出場が決まって、列島大興奮です。
おしゃれな若い女性も新橋のサラリーマンも、高校生も巣鴨のおじいさんも、
みんな大喜びです。
それぞれ表現の仕方が違うのが面白い。

「やったーっ、て感じ」と若い女性が言えば、
「体力の限界に挑戦して汗びっしょりになって頑張っている姿が
大変に素晴らしく、感動した」という、年齢の重みを感じさせるコメントも。
テレビは繰り返し喜びの瞬間を流し、
地域も世代も超えて喜ぶ日本人の様子を映し出しました。

一番乗りということも、大いに受けたようです。
久し振りに聞いたじゃないですか、世界一という言葉を。
高度成長期には、けっこうよく聞く言葉でしたが。
世界一大きなタンカー進水、自動車の輸出台数世界一・・・。
一番になったことに意味がある時代でした。

最近の閉塞感の中で、久し振りに聞いた一番という言葉は、
日本人に大いにアピールしたようです。
「日本は素晴らしい」「日本、最高」という言葉が飛び交いました。
ある種の爽快感があるのだろうと推察されます。

要は仲間意識なのでしょうが、恐いぐらいの疑似一体感ですね。
まぁサッカーの応援ぐらいならいいですけど、
偏狭なナショナリズムに利用されないことを祈ります。

北朝鮮は結局、一勝もできませんでした。
心理的に追い詰められて、ロスタイムのああいう暴力行為につながったのでしょうか。
退場するキム・ヨンスをなだめるJリーガー、リ・ハンジェの姿が印象的でした。
アン・ヨンハも、イランとの試合で興奮した仲間たちをなだめていましたね。

二人とも、いつも冷静で本当にいい選手。
「北朝鮮の人々も私たちと同じ人間である」という、
見えにくくなっている当たり前の事実を、さらりと見せてくれています。
[PR]
by MYP2004 | 2005-06-23 15:05 | リビングから見た社会
<< 萩国際大学、経営破綻 銃を撃つ女はカッコいいか?! >>