安全と言うこと、人に優しいということ

2005年4月26日(火)

--------------------------------------------------------------------------------


安全ということ、人に優しいということ

JR福知山線の事故は、かつて国鉄マンだった僕には辛く、哀しい事件です。
何より亡くなった方、ご遺族に謹んで哀悼の意を表し、けがをされた方にお見舞い申しあげます。
僕には今のJRにも西日本に限らずかつての同僚がいて、彼らの想いはいかばかりか・・事故復旧現場にも彼らの姿がある可能性が強く、やりきれない思いです。
事故の要因などはここでは触れませんが、本当に安全で人に優しい乗り物ということについて考えてみます。

最近の乗り物のカタログには必ずといってよいほど「人に優しい」という言葉が刷り込んであります。
実はこのたびの事故車両である207系電車についてもそのことが大きく宣伝されていました。
大きな窓、ゆったりとした室内、深い座席、シンプルで落ち着いたインテリア、関西のほかの私鉄に負けない上質の室内空間を実現しています。
ところが、車体の強度と言う基本的なことでは、このたびの事故で馬脚を現してしまったように思えます。
これは何もこの電車に限ったことではないのです。
例えば新幹線の「のぞみ」薄いアルミ合金で車体が構成されています。事故が起きれば、今回の事故どころではない状態になるかもしれません。
あるいは関東の方ならば京浜東北線など、これまでの頑丈な鋼製車両から軽く、弱い軽合金製に変わってきています。
最近のデラックスな観光バスもそうです。
大きな窓は柱を少なくして実現し、軽量化とあいまって、事故時に乗客を守るということは、まず考えられていないでしょう。

以前、山陽新幹線でトンネルの天井が崩壊し、列車を直撃するという事故がありました。頑丈な初代新幹線の0系車両は天井を破損しましたが、乗客にはけがはありませんでした。

考えると現代の「人に優しい」というキャッチフレーズは必ずしも安全面での優しさではなく、日常使う上で、不便がなく快適であるということだけだったのでしょうね。
鉄道会社で鋼鉄製の車体を使う会社はほとんどなくなりました。
大手では九州の西鉄、関西の阪神(一部を除く)くらいでしょうか?

僕たちは万が一の時には自分を守ってくれない乗り物しか選べなくなっているようです。
[PR]
by MYP2004 | 2005-06-23 14:59 | 神戸舞子から世間を見ると
<< ニコンに見る漸進主義という考え方 日本の平和運動と左翼 >>