神戸空港って・・・?

我田引水・・いまや我田引空?
e0010246_17502415.jpg

来年2月16日、神戸空港が開港します。
何でこの日なのか?もっとキリのよい日にしないのか不思議ですが、とにかく、そうなっているようです。

で・・この空港、無理やり作った感があります。
僕は飛行機に乗ることは好きではありませんし、その意味もあって、始めから空港には否定的でした。
ですので関西空港を神戸に作ると言う話を、神戸市が断ったことなどは良い事だと考えていましたが、なぜか関西空港が泉佐野沖に出来ることになると、市営の空港を作ると言い出しました。
この空港が何故必要か?
伊丹との関係はどうなるのか?説明らしい説明も無いまま、神戸空港は出来つつあり、開港の日を迎えます。
空港のようなインフラは賛否があって当然で、そう言う意味ではいがみ合いをする必要はないと思うのですが、僕自身経験がありますが空港賛成派の議員さん方はなぜかこの問題では強面で押し通されます。
普段柔らかな物腰の方までも、人が変わったかのように怖い威圧的な態度に出られます。

僕は生理的に飛行機嫌いですから、感情論にもなります。
ですが、やはり、市民が矛盾を感じてしまったようなことを、きちんと伝えないというのはおかしいと思うわけです。
関西空港の二期工事も進んでいます。
伊丹空港は存続が前提でモノレールも開通しています。
三宮から空港までは確かにこれまでのどの空港へ行くよりも近くなります。
ですが、三宮のすぐ近くには新幹線の新神戸駅もあります。
運転の頻度では新幹線の「のぞみ」「ひかり」と神戸空港発着の飛行機では比べ物になりません。
神戸から東京都心へは空港が出来ても新幹線のほうがアクセスの良さから速いくらいです。

しかも航空機の航路は関西空港、伊丹空港の航路に阻まれて発着の経路が限られ、東西に長い神戸の市街地に添うように西への発着しか出来ない・・ということは僕の住んでいる町でも騒音の問題が出る恐れがあります。
航路は明石海峡上空300メートルと言う話も出ています。

この状況で空港が必要だと言う市民がある程度まとまった数になるのは当たり前で、これまで神戸市は市議会与党の力で無理やりに進めてきた経緯があります。
そうではないと市議会与党会派の方々は言うでしょうが、現実に市議会に接触し、意見をぶつけてきた僕には無理やりに見えても致し方のない部分もあります。

神戸に限らず、空港が欲しい都市は増えているようです。
地方空港花盛り・・けれども某所の空港のように、全く利用予測が外れたところもあります。
利用予測が外れ、大赤字になった場合、その負担は市民の税金に頼らざるを得なくなります。
それでも空港は莫大な投資をして作り続けられていく・・
所詮はかつての我田引水が形を変えただけのような気がするのですが、どうでしょうか?
戦前には我田引鉄(鉄道路線を引っ張り込むこと)、戦後の高度経済成長時代は我田引道(高速道路を引っ張り込むこと)、我田引橋(大きな橋を作ること)・・・・
形の残るものは政治家たちの力の象徴だったこの国の中で、本当に真剣に将来の世代の負担も考えて、総合的な投資をしていく政治家など存在しなかったのかもしれません。

神戸空港は航空機を呼び込むことの成果は出てきつつありますが、肝心の空港島の分譲は応募する企業が少なく難航しているようです。
これを作った議員たち・・責任とってよね。。
[PR]
by MYP2004 | 2005-08-02 17:59 | 神戸舞子から世間を見ると
<< 解散・総選挙 ロンドン警察、無関係なブラジル... >>