帝国海軍元兵士の方を悼む

第二次世界大戦時の巡洋艦鹿島は、旧帝国海軍の中で生き残った運のよい戦艦です。
この鹿島に尾道出身の一人の青年が乗り込んで大陸へと向かいました。
もう70年近く前の話です。
この青年が、後に、僕にとっては大切なお客様の一人となられた方です。
(そうそう、僕は町中の写真屋です)

青年の軍隊は上海に上陸・・日本軍の統治下にあった上海の町は、当時としても日本のどの町よりも美しく、都会的であったそうです。
青年の部隊は隊伍を整え、上海市内を行軍しました。
当時の上海は既にクルマも多く、路面電車やバスも走っていたそうですが、それらの交通を全て遮断して日本軍司令部まで、行軍は続いたそうです。
部隊はしばらく上海に滞在した後、南京に移動・・
南京では青年は陸軍が侵攻して行った破壊の跡をまざまざと見ることになります。
ここでは、当時、やや年上で後に友情を結ぶことになる別の青年も、この街の任務についていましたが、このときはお互い、知る術もありません。

生来のお人よし・・
決して威張ることなく、軍隊では目立たない存在だったそうです。
終戦で鹿島とともに青年はお役御免となります。

戦後は小さな鉄工所に勤め、やがて技術を取得して独立・・
高度経済成長の波に乗り、かつての青年が壮年になる頃には作り上げた会社が軌道に乗り、贅沢とは言わないまでも一人前以上の暮らしをするようになっていました。
そんなとき、自宅近くの壮年と知り合います。
始めは趣味の庭弄りから・・そして、その壮年が得意にしていたカメラを、ともに楽しむようになられます。
そして、その壮年もまた海軍出身で、南京陥落作戦に従軍していたことを知り、二人の間は親密になっていきました。

70歳過ぎて現役を引退・・
自由気ままな暮らしに、最初は戸惑ったものの、生来の楽天家・・
庭弄りとカメラの趣味に没頭するようになっていきました。
そんな中、「鹿島」の戦友会にも毎年欠かさず参加、戦友会から帰ってきたときはいつも海軍の帽子を被ったまま、背筋をしゃんとして伸ばし、しっかり歩く姿が印象的でした。
昨年は何を思われたか、春先から何度も呉に行き、自衛艦をたくさん撮影しておられました。
また、映画用に作られた「大和」のセットにも何度も足を運んでおられました。
戦友会はひときわ楽しかったようで、僕にもその楽しさを伝えてくれました。

夏には大勢のお孫さんを連れて、靖国神社へ・・
「みんな、わしの戦友や上官が、あそこに眠っとるんじゃあ・・いっぺん、孫を連れていってやりとおてなぁ・・」
お孫さんは皆10代後半から20代前半の青年たち・・
彼が青年時代には考えられないような服装で、そして、元気で明るい・・
そのお孫さんたちが、靖国神社でおじいさんの話を聞いて、泣いたそうです。

冬・・しばらくお顔を見ない時期がありました。
そのあと、ビックリするくらい、たくさんのフィルムを持ってこられ、上機嫌でこう言われました。
「上海にいってきたんじゃあ!」
青年のように頬を紅潮させて・・
「上海はすごいんじゃ!あの上海があんな立派な街になっとるんじゃあ・・!わし、腰を抜かしてしもうてなあ・・いやあ・・中国人の頑張りはすごいわ」
「かつての軍司令のビルも見に行ったがなぁ・・昔は、そのビルだけが立派な建物やったんじゃ・・今は後ろにもっと大きなビルがたくさんあってなぁ」
帰国後も感動さめやらぬのでしょうか・・僕に一生懸命に話をしてくれました。
中国人のガイドさんも立派な方で、反日運動が激しい中、誠意をつくして、見たい所をすべて見に連れて行ってくれたそうです。

今年の春は寒く、神戸の桜が咲き始めたのは、例年に比べずいぶん遅くなってからでした。
自宅の桜や雪柳を撮影した写真を受け取りにこられ・・
「いつまでも寒いなあ!」
そう元気に笑っておられたのが、お姿を見た最後でした。
1種間ほどして、その人よりも10歳も年上の、その人の友人が、沈痛な表情で喪服を着て来店されました。
黙って現像に出されるフィルムに写っていたのはまさに、ついこの間、上海にいってこられた、あの方でした。

今日は敢えて、僕がお聞きした事と、その方の思い出だけを書きました。

今はもう、いつもの優しい笑顔を見る事が出来なくなってしまった、その方のご冥福をお祈り申し上げます。

byこう@電車おやじ
[PR]
by MYP2004 | 2006-05-02 21:01 | 神戸舞子から世間を見ると
<< 日中友好派も、嫌中派も・・・ 本当の反日は誰か:日本人に対す... >>