本当の反日は誰か:日本人に対する戦争責任を問う

 私は最近、ある事に気がつきました。中国や韓国を忌み嫌い、「南京虐殺はなかった」「従軍慰安婦」はいなかったと主張し、靖国神社参拝を賛美する方々は、アジア太平洋戦争が日本人にどれほどの苦しみを味あわせたか、知る機会がなかったのではないでしょうか。

 日本でも戦後20年ぐらいは、辛く過酷な戦争体験が日常にあふれていました。両親からもよく聞かされたし、そういう映画もたくさんありました。テレビでも、夜の8時というゴールデンタイムに、「戦友」というドラマをやっていたぐらいです。私のような戦争を知らない子どもには、唖然とするような恐ろしい内容でしたよ。

 言論の自由に対する過酷な弾圧。生徒が教師を密告し、天皇陛下の「て」という言葉が聞こえたとたん、直立不動にならなければいけない社会・・・。息子が戦死しても、「靖国の母」として、人前では泣くことも許されなかったのです。異性と仲良くしても、ジャズを聴いても非国民。もちろん、戦争に反対することは拷問と死を意味しました。

 そして何より凄まじかったのは、軍隊における異常ないじめと虐待。日本軍はサディズムの世界でした。何の理由も意味もなく、上官から毎日殴られ蹴られるところでした。実戦の方がまだマシなぐらいで、いざ戦闘が始まると、敵ではなく上官を撃つ兵士がたくさんいたのです。日本軍兵士がアジア各地で繰り広げた残虐行為は、そういった日頃のうっぷんを晴らすものでもあったわけです。

 「嘘だ〜!」という方は、「真空地帯」や「人間の条件」、「暁に祈る」といった映画を観てみてください。黒澤明の「我が青春に悔いなし」もオススメです(いずれもビデオかDVDあり)。軍国主義から解放された日本人が、どんな思いで戦争を振り返ったか。そこには、元兵士の多くが口を閉ざして語らなかった、日本軍内部の凄まじい実態が描かれていました。

 多くの日本人はようやく知ったのです。「天皇の赤子」「アジアの解放」という美名の下に、何が行なわれていたか。「あんなに辛い思いをしたのに加害者だったなんて・・・・」。この無念さが、日本人の複雑な精神構造を作り上げました。この点は韓国や中国の人には、なかなか理解できないかもしれませんね。

 日本人は戦争責任について考え続ける必要があります。東京裁判は勝者による不公正なものでしたが、だからといって戦争を遂行した指導者たちに責任がないとは言えないでしょう。またそれに協力し、戦争を嫌がる人を迫害した日本人も大勢いました。そして、軍隊内部で思うがままに暴力を振るった鬼のような上官たちも、戦争が終わったら良き父に戻っていったのです。

 あれだけの残虐性はどこから生まれてきたのか。繊細で気配り上手の優しい日本人が、どうして集団で狂ったのか。これは今につながる重要な問いかけです。これらの問題を隠蔽し過去に目を閉ざすことこそ、本当の反日だと私は考えます。そして真の愛国心とは、この問題意識を持ち続けることだと思っています。by G2
[PR]
by MYP2004 | 2006-04-28 19:58 | リビングから見た社会
<< 帝国海軍元兵士の方を悼む 思想の中核と辺縁 ― 先行経験... >>