人口減少社会を救う?!ために:個人の自由を認めよ

日本の人口が初めて減り始めて、「国力が衰える」「年金や医療保険制度が崩壊する」と大騒ぎになっています。

「産みにくい、育てにくい社会だ」という意見も多く、猪口少子化担当大臣が「子供や母親の目線に寄り添った施策を」と記者会見で言っていました。こういう視点は歓迎です。頑張れ、猪口大臣! 青いドレスの件は水に流すぞ。

この際、残業が当たり前の社会も、「男は外、女は家の中」という根強い慣習も、「仕事しながらの子育ては無理」な環境も先入観も、全て根本から変えていったらどうでしょうか。経済至上主義を支えてきた性別役割分業こそ、少子化の黒幕の一つです。

子どもは皆で育てましょう〜♪ 「仕事か子育てか」の二者択一を迫るような社会は、人口が減る一方ですよ。人間は高等生物であって、生殖だけのために生きているわけではありませんからね。

産まない自由もアリです。豊かになって高等教育を受ければ、子育てが全てというわけにはいきません。子育てを女性の責任にする社会は人口が減ります。

「女性がワガママになった」とか、「子どもを産まずに人生をエンジョイした女性の老後を、国が見なくてはならないのはおかしい」とか、見当はずれの放言のしていた政治家たちの責任を問いたい。

今や社会学の教科書にも載っている常識的な概念であるジェンダーを、今さら「過激だ」と駆逐しようとしている政治家たちも、間違っていますよ。

そもそも、どうして「国力の衰退」というような体制の言葉で語られるのか。大切なのは、皆が幸せに生きていけることでしょう? 特別に能力が高くない人も障害のある人も、夢を持って生きていける社会こそ「活力ある社会」。子供の数が多ければいいというものじゃない。

それに、若者の就職も自活も難しい状況で、子どもだけはつくれというのか。自分が生きていくのがやっとの若者も大勢いるのに。それに、結婚するためにはまず恋愛が必要。それが難しいんですよ。

愛と相性を大切にすればするほど、簡単に相手は決まりません。チンパンジーだって相手選びが難しく、なかなか子どもができないのですから。こういう社会では、結婚せずに子どもを持つ生き方も認めないと。家庭の大切さばかり強調するのは逆効果です。

総じて、少子化対策の根本は「夢」と「恋愛の対象となる魅力的な異性」。それを成立させる「懐の深い社会」と、「自由な生き方を支える仕組み」です。憲法の前文で個人の自由を制限しようとしている現体制の意向は、まさに逆行です。

司馬遼太郎は日本の未来像を、「美しい停滞」という言葉で表現しました。それもいいかもしれませんね。ひたすら数的発展を目指していた近代日本が終わったのですから。時代の転換点です。今必要なのは、一時流行して空振りに終わった「発想の転換」。今度は本気でね。 by G2
[PR]
by MYP2004 | 2005-12-30 17:01 | リビングから見た社会
<< 年金と保険をごっちゃにする阿呆... クリスマス雑感 >>