野田聖子の郵政民営化法案賛成表明は、自民党への片思い

予想通り・・・というか、本人も示唆していた通り、野田聖子衆議院議員が郵政法案賛成を表明しました。それを世論に向けてどう説明するのかが焦点でしたが、何と「民営化賛成が国民の声。民営化反対は理論としては完敗したと認める」と言ったのです。皆さん、どう思いますか。

野田議員は、世代を超えた女性議員の一番手。マスコミの取り上げ方もあって、支持政党に関係なく、誰からもあまり反感を持たれませんでした。本当は、祖父から地盤・看板・カバンを受け継いだ世襲議員ですが、押しが強い感じがしないのと親しみやすい容姿に助けられ、いつのまにかいいポジションにたどり着いていたわけです。

年下の夫を引っぱる形で(ここがポイント)、「仕事も家庭も」という時代に合った生き方をしていることも、好感度UPにつながっていました(今までは)。

そんな彼女にとって、今回の郵政問題は難問だった。でも「生まれた時から自民党。私には自民党しかない」と涙ながらに述べた彼女が、復党を願っているのは誰の目にも明らかでした。そしてまた、小泉首相も別の理由から、許すことを考えていたのでは。それにしても、女性をうまく使う男です。

何人かの人が指摘していることですが、実は小泉首相と安倍幹事長代理はあまりウマが合わないらしい。私も最近、そう思うようになりました。安倍後継は、首相にとって望ましい形ではないわけです。

こだわりの強い一匹オオカミ的体質の小泉首相には、野田議員のようなタイプが好都合なのでしょう。側近にすればうまく使えそうだし。ブログ「世に倦む日日」では、「郵政大臣にして郵政民営化をやらせるだろう」とまで予想しているんですよっ!

恐らく今回の政治的決断には、首相の後押しもあったのでしょう。野田議員の側としても、選挙結果などから見て、一時的に批判を浴びたとしてもかわせると踏んだと思われます。

でも私としては、「な〜んだ、しょせん体制に擦り寄る古いタイプの人だったのね」というのが、正直な感想。田中眞紀子元外相のように、言いたいことを言う人の方が面白かったのに、最近は女性もみんな優等生になってしまった。ああしないと政治家として大成しない、つまり権力には近づけないということかな。結局、田中元外相は駆逐されたし。

それにしても、「理論としては完敗と認める」と言うとは・・・。いくら政治的判断にしても、ここまで言う必要があったのか。私は今後、野田議員の顔をテレビで見る度に、この言葉を思い出すでしょう。   
 by G2

付記:一晩たって、あちこちのブログを覗いてみたのですが、この人、時代を読み違えたと思う。一気に評判が下がっていますね。「自民党に嫌われたら生きていけない」と思ったのかもしれませんが、今は党より国民の方を向くべきなのです。闘う個人には支持が集まるのに。生真面目な伝統的保守主義が裏目に出た感じです。加藤紘一の二の舞になるかもしれません。

片山さつき議員や佐藤ゆかり議員は、自民党を利用しているだけです。しかも、首相がぶっ壊すと言っている党ですよ。野田聖子議員の擦り寄りぶりは、片思いのようにしか見えません。
[PR]
by MYP2004 | 2005-10-10 01:45 | リビングから見た社会
<< 神戸空港再び・・不思議な市長選挙 思いも技術もお金に換える阿呆ども >>